社葬の1つである合同葬とは

葬儀にもさまざまな形があります。その中の1つである、合同葬について、ここで簡単にみておきましょう。合同葬とは、故人が所属していた企業が遺族と合同で執り行う葬儀のことを言います。また、故人が2つ以上の企業や団体に所属していた場合、その2つ以上の企業が合同で行う葬儀のことを指すケースもあります。合同葬には、ご遺体を火葬するまでの流れがすべて含まれています。合同葬を行う際には、短い時間で遺族と話し合い、葬儀の日程を関連企業へ告知しなければなりません。この場合の葬儀費用はについても、企業と遺族で話し合い、どれくらいずつ負担するのかを決めます。最近では、寺院へのお布施は遺族が、そして斎場や葬儀にかかる費用は企業が負担するというケースが多く見られます。合同葬に興味のある方は是非、参考にしてみてはいかがでしょうか。

合同葬とは企業と故人が同時に行なう葬儀

会社においてはいろいろな人が所属しています。頂点にいるのは社長かもしれません。その下に役員がいて、さらには多くの社員がいます。一方で既に社長などの役員職を退いていても創業者などがいる場合があります。名誉会長などとして残られている場合があります。かなり高齢の人もいますから、亡くなられるケースもあります。このときにおいては基本的にはそれぞれの家庭で個人葬が行なわれます。会社において重要な役割を担っている人、もしくはになっていた人、その他一定の基準に沿っている人が亡くなった場合に社葬をすることがあります。それぞれ別々に行なうことがありますが、合同葬とはそれを同時に行なおうとする式になります。別々に行なえば当然ながら別々の日に行うことになります。行う方としても、参加する方としても1日で終えることができればかなり助かるでしょう。

合同葬とは故人がいる状態で行なえる社葬

人は高齢だから亡くなるとは限りません。30代や40代などの働き盛りで亡くなるようなこともあります。また多くの会社の社長といいますと高齢のことが多いです。激務がたたってそれによって亡くなることもあります。また既に会社からは身を引いていてもかつてその会社で功績を残した人であれば、単に個人としての葬式を行なうよりもより本格的に葬儀を行ないたいこともあるでしょう。合同葬とは故人がいる状態で行なえる社葬となります。個人葬は葬儀から火葬までを行ないますから故人がいる状態で行なわれます。社葬に関しては規模によりますが亡くなられてから数週間から数箇月後に行なわれることがあります。それを個人葬のときに同時に行ないます。ですから通常社葬ではおられない故人もいます。そしてその後に火葬が行なわれます。社葬では火葬は行なわれません。

社葬の中では、費用が抑えられるため合同葬を行う中小企業が増えています。 社葬をしっかり行うことで、社内の結束が高まるなど会社にとっては重要な行事。 「お別れの会」は、宗旨宗派に関係なくホテルなどで行われることが多いです。 他企業からの参列者が集まる場でもあるので、後継者や新しい体制をアピールする場でもあります。 社葬は、故人の供養でもあり、企業経営においては広報活動の意味もあります。 合同葬とはご遺族が共同でやる葬儀です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright 合同葬とは.navi 2017
Tech Nerd theme designed by FixedWidget