近年増えている合同葬とは。

合同葬と聞いてもピンとこない人は多いと考えられます。合同葬とは、企業が遺族と共に葬儀を行うことになり、個人葬と、いわゆる社葬を一緒にすることが、これにあたります。社葬との違いは準備などにかかる期間が短いところにあり、事前の段取りをしっかり行う必要があります。企業と合同でという点ですが、とうぜん遺族側の意向が最優先となり、それらを確認しながら行うことが一般的です。そして通常行われる社葬とは違いがあり、費用も少なくできます。そのため近年では、小さな企業も行うようになりました。費用に関しては、企業側と遺族で決めることになり、負担の割合が決まります。このようにそれぞれの負担を軽減できることになります。また、こういったこととは別に、大規模な災害などで、遺族も葬儀ができない場合もあります。この場合に行われる葬儀も、同じように合同葬と呼ぶことがあります。

葬儀の一つである合同葬とは

社葬の一種である合同葬は、たくさんの参列者が来ることを予想しての葬儀の方法となります合同葬とは一般的に、故人が生前勤めていた会社などと遺族が一緒に葬儀を行うという形の葬儀で、合同で行うことにより会社や団体などの者と遺族が一緒に葬儀についての準備を行うため、遺族の負担を軽減させることができます。一般的に人が亡くなると、故人の遺族が葬儀のすべてを準備しなくてはなりませんが、合同葬では遺族だけではなく、会社の重役などであれば会社自体が葬儀の負担を半分になってくれるので、急に亡くなってしまい遺族はどうしたらいいのかわからないときや、費用の用意ができないといった時などにも合同であることから、負担が半分になるため遺族は安心して葬儀を行うことができ、会社がすべ手の費用を自分で負担してくれる場合も多いので、費用の面でも遺族にとっては負担が減るといったメリットがあります。

故人とのお別れをしっかりと行える合同葬とは

葬儀と一言で言っても色々な種類があります。中でも比較的大きな規模で行われるのが合同葬です。この合同葬とはどのような葬儀なのかと言いますと、亡くなられた故人が勤めていた会社や団体とご遺族の方々が一緒に葬儀を行う形です。会社などで行う葬儀と言う形になっていて社葬の一種と扱われるので、ご遺族だけでも別で葬儀を行う事もあります。しかし、準備を行う段階で負担や参列者の混乱を避けるために合同で行う事が多いです。さらに合同で行う場合、多くの参列者の方が故人のお顔を見て最後のお別れを伝えることが出来ます。なぜなら、ご遺族の葬儀と社葬を分けている場合、社葬を行う時には骨葬となっていることが多いからです。しっかりと故人とのお別れを伝えることが出来るという事と会社で行う葬儀の費用を押さえながら執り行えるというメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright 合同葬とは.navi 2017