合同葬とは、双方の家族と関係が重要です。

合同葬とは、少しでも費用を安くする為に二方の家族を一緒にすることかもしれないです。実際に開催する期限が短いことが多いかもしれないので、調整するのが大変になってしまうことがあるかもしれないです。双方のスケジュールを合わせるのも難しいかもしれないです。二方の協力が重要になってくるかもしれないです。双方の家族が分担して費用を出し合うことが重要になってくるかもしれないですし、葬儀する仕組みも少し変わっていることがあります。お香する際も左右別の家族の親族関係が行うようになっていますし、お坊さんも少し大変になっているかもしれないです。通常は宗派を合わせるようになっていますが、別々にしたい場合には多少の時間のズレが発生するかもしれないですし、火葬する際もとても長い列が出来るかもしれないと考えられるようになります。

企業家として、家庭人として~合同葬とは~

社葬と同じように会社を挙げて行う葬儀の中に、合同葬という物があります。合同葬とは、会社とともに家族が葬儀に大きくかかわる形式のことです。式進行は社葬と合同葬はよく似ていますが、社葬が会社における故人・ひとりの企業家としての故人を偲ぶ流れであるのに対し、合同葬はその中にひとりの家庭人としての故人を偲ぶ流れも加わります。家庭での故人、父親あるいは母親として、また祖父・祖母として故人が会社の外ではどうやって生きてきたのか、どういう姿で日々を送っていたのかを偲ぶ時間が合同葬には社葬よりも大きく含まれます。ゆえに、社葬以上にご家族の意思が尊重されます。そこには、これまで企業家として会社を支えてくれた故人のこれまでがあったのは、外ならぬご家族がいたからこそ…という、会社側の家族へのねぎらいの気持ちがより強く含まれています。

合同葬とはその仕組みに知る

合同葬とは、故人における喪家としての葬儀や法人としての葬儀について一体合同に執り行っていく葬儀スタイルとなっています。いずれにしても、会葬者が多いような大規模による葬儀となっていくのが通例となっています。また、同様において大規模による葬儀としては、社会的による著名人や有名な芸能人などが亡くなってしまったた場合に催されていくことがよくあるお別れ会がございます。合同葬において喪家や会社との役割分担がございます。また、施主に関しては通常では、喪家の喪主の方に該当されますが、葬儀委員長に関しては会社における代表取締役が務めていき、実質的においては社葬やほぼ同様に執り行われていきます。このために、社内における葬儀実行委員会に関しては喪家に対する調整や連絡についても密に行っていく必要が出てくるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright 合同葬とは.navi 2017