知っておきたい合同葬とは

合同葬とは、どのような葬儀なのかというと、企業と遺族が合同で執り行う葬儀になります。また、複数の企業や団体などが一緒に行う際にもこういった合同葬といいます。この葬儀の仕方として、どこまで一緒に行うのかというと、火葬までが含まれていると考えておきましょう。様々な宗教がある中で、どの宗教で行うのかについては、喪家との話し合いによって決まるということを知っておいてください。それから費用的なものとしてはお寺さんにお渡しをするお布施や戒名代などは喪主の方が、それから葬式自体にかかる費用としては会社が持つというような形式になることがあるでしょう。その際社葬の規定によって費用をだすという場合もあるので、あらかじめ話し合いをしておかれることです。このように合同葬の場合には、喪主と企業との話し合いによってすすめていくということを知っておきましょう。

合同葬とは、合同でする葬儀

そもそも合同葬とは、企業と遺族が主に催す葬儀の事です。また混同されやすい「社葬」はというと企業が主となる葬儀です。この二つの違いは、他にも有ります。「社葬」の場合は、実際に「社葬」を行う日よりも前に、密葬にて親しい方だけで葬儀を行い、火葬を済ませます。そして後日、企業の主催にて本葬(本式の葬儀)を改めて行います。しかし「合同葬」の場合は、親しい方を中心にした密葬と、本葬を日を分けずに、同日に火葬まで行います。費用面では、遺族と企業の間での話し合いが必要ですが、社内規定等があり、合同葬でも社葬の面が強ければ、企業側が支払いをするケースもありますが、基本的にお寺へのお布施は遺族が支払うのが一般的です。その他、遺族と企業のケース意外にも、主催者が二社以上であれば、それも合同葬になります。この場合は、それぞれの企業の規模や、故人の役職などにより、費用などの分担が分かれます。

合同葬とは社葬と家族葬

費用の安い家族葬は一番主流になってきますが、最近は合同葬というのも人気で遺族側と会社側とで合同でするという葬儀のことをいいます。合同葬とは会社の社葬と個人の家庭でする家族葬との合同という意味合いにもなり、別々に葬儀を行うよりも費用が分担されますので安く葬儀を行うことができる魅力があります。またこの場合の合同葬とは通夜から火葬といったことまでができるので、一度にほぼすべてを行うことができるというのも今人気である秘密といえます。この合同葬ではお寺などの費用は遺族が負担をして、葬儀すべての費用は会社で負担をしてくれるという割合が多いようです。これなら格式の高い葬儀を格安で行うことができますので、会社で長年働いてきた人が亡くなった場合には合同葬は最適な葬儀といえるでしょう。どちらも支えることができる葬儀です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright 合同葬とは.navi 2017